前へ
次へ

交通事故における通院交通費の請求

交通事故に遭ってけがなどをしたとき、その治療費は加害者に対して請求することができます。
自分が

more

交通事故で保険がおりない事例とは

自動車の運転には、交通事故が起きた時の想定として、最低限、自賠責保険の加入が義務付けられています。<

more

交通事故後の対応に注意

交通事故には遭わないことが一番ですが、それでも避けられない事態はあります。
もし交通事故に遭っ

more

交通事故に遭っても安心できる

交通事故に遭遇したら、まずは、自動車同士の衝突事故なのか、自動車と人、あるいは自動車と自転車との接触事故なのか、警察へ一報を入れましょう。
当事者であれば、被疑者なのか被害者なのか、その立場によって将来(人生)が大きく変わることにもなり得るのです。
今、法律によって守られているのは被害者です。
無傷で、命の危険性がなかった場合には、当事者の間だけで示談というケースも耳にしますが、警察への連絡は必ず行いましょう。
交通事故の被害者になった場合には、傷や痛みがその場、その時に身体に見られない場合でも、まずは医療機関にて精密検査を受けましょう。
自動車同士での接触、追突事故においては「うちみ、ねんざ、骨折」などによる痛みや腫れが数日後に現れることもあります。
さらに、保険会社にも連絡を入れましょう。
諸々の手続きなど、手順をしっかり案内したり、交渉もしてくれます。
被疑者側も保険に加入しているはずですから、医療費、破損した自動車の修理費なども負担してくれます。
ちなみに、交通事故による後遺症により、働くことができなくなることも現に起こり得る問題です。
弁護士などの法律の専門家に相談すれば、ケガなどによる損害賠償請求を申請することも可能ですし、傷は心にも現れることがあり、メンタルヘルスでの慰謝料請求なども担ってくれる頼もしさがありますから、何かしらトラブルが起これば、弁護士に相談しましょう。

思い出・思いを整理する遺品整理ならクヨカサービスへ

台中などのツアー旅行は当社におまかせください

https://www.cloudbric.com/?lang=ja
リーズナブルで手軽に導入できるwebセキュリティ「Cloudbric」

品質が良く迅速にお客様のもとへ商品を提供できるよう制作を行っています
企画提案から制作まですべての工程を一貫して自社で行うので、高品質かつ迅速にお客様へデザインをお届けすることができます。

交通事故では、治療が必要になることもなきにしもあらず、しかし中には、被疑者が保険に未加入であったり、保険会社から給付金が下りてこないケースも考えられなくはありません。
そうした場合、素人での交渉ではにっちもさっちも行かず、泣き寝入りしないためには弁護士を立てましょう。
通院も含め、万が一後遺症が出たとしても、整骨院や整体などの施設での治療費の不安が一切ありません。
もちろん、生活面での保障、傷病手当も受給できますし、退職をせざるを得ない状況になっても、法律が守ってくれます。

Page Top